自然素材のカーテン4種類を自然素材の住宅を検討中の方に紹介します!

資料請求

ブログ

自然素材のカーテン4種類を自然素材の注文住宅を検討中の方に紹介します!

2021/02/20

自然素材のカーテン4種類を自然素材の住宅を検討中の方に紹介します!

自然素材を利用した注文住宅を建築したいとお考えの方で、カーテンも自然素材でこだわりたいとお考えの方はいませんか。
注文住宅で自然素材を選択するようなこだわりの強い方は、床と壁が自然素材ならカーテンも自然素材で揃えたいですよね。
今回は自然素材のカーテンを4種類の材質で紹介します。

 

□天然素材のカーテンの特徴

 

天然素材のカーテンとは、動物や植物から採取した繊維を利用したものです。
同じ自然由来の素材なだけあって、木材との相性がとても良く、お互いに馴染むので他の天然素材との相性も良いです。

では、自然素材でできたカーテンはどのような特徴や利点があるのでしょうか。

 

1つ目は自然で優しい手触りです。
カーテンを開ける時に手で触れると思いますが、その時に手に上質な感触が伝わります。

 

2つ目は衛生な状態を保ちやすいことです。
カーテンにほこりが付着する原因として静電気が挙げられますが、天然素材のカーテンは静電気が起きにくいです。
また、雑菌が繁殖しにくく、臭いや汚れも付着しにくいと言った効果も衛生な環境を維持するのに繋がるでしょう。

 

3つ目は一年を通して快適に過ごせることです。
自然素材は吸湿性、吸水、温度を保つ性質があるので、部屋の空気を整える効果があります。
そのため、一年中快適に過ごせるでしょう。

 

□自然素材から作られたカーテン

 

自然素材から作られたカーテンは主に「綿」「麻」「絹」「毛」の4種類があります。

 

綿は綿の種から採取される繊維で、肌触りが良く、湿度を調整してくれます。
価格に関しても天然繊維の中では安価です。

 

麻は麻の茎の繊維を利用して作られた繊維です。
通気性と吸水性が良く丈夫ですが、しわになりやすいです。

 

絹は蚕や繭からとれる繊維です。
水と光に弱いという特徴はありますが、光沢と鮮やかな発色が特徴です。
しかし、高価になってしまいます。

 

毛(ウール)はヒツジやラクダの毛を利用した繊維です。
保温と保湿、弾力性や吸水性なども兼ね備えています。

 

このように、素材によって特徴や効果には違いがあります。
特徴を理解して、お好みの素材で作られたカーテンをお選びください。

 

□まとめ

 

今回は自然素材のカーテンを4種類の材質で紹介しました。
天然素材のカーテンは天然素材の建材と近い効果が得られるので、相乗効果を期待できるでしょう。
お気に入りのカーテンを見つけて自然素材ライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。
もし、常滑市周辺で注文住宅について疑問点がある場合はお気軽に当社へご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。