注文住宅のスイッチの位置を決めるポイントを解説します!

資料請求

ブログ

注文住宅のスイッチの位置を決めるポイントを解説します!

2021/02/16

注文住宅のスイッチの位置を決めるポイントを解説します!

皆さんは注文住宅を設計する時にスイッチの位置はきちんと考えていますか。
「たかがスイッチの位置だ」なんて思っていると後々ストレスが溜まってしまう可能性があります。
では、どこに配置すると良いのでしょうか。
今回は注文住宅のスイッチの位置を決めるポイントを紹介します。

 

□電気スイッチを決めるときの考え方

 

スイッチの位置を決める時にはある方法に従うと、劇的に失敗するリスクは減るでしょう。

 

その方法とは人の動きに合わせて考えることです。
設計する時には家全体の間取りが書かれている図面がありますが、その図面をコピーしてその中に新しい家で使用する家具を書き込みます。
使用する家具がまだ決まっていない方も多いと思いますが、その場合は自分の理想のサイズの家具を思い浮かべて書きましょう。

 

そして、家具を書きこんだ間取りを想像して普段の生活をシミュレーションします。
それを繰り返すとどこにスイッチを付けたら良いのかが分かってくるでしょう。

 

□場所を決める時の5つのポイント

 

人の動きと合わせて考えるのは分かったと思いますが、ここでは具体的な5つのポイントについて紹介します。

 

1つ目は新しい暮らしを想像することです。
前項で紹介した通りですが、スイッチの位置だけでなく間取りを決める時にも使えるので、注文住宅の基本として覚えておきましょう。

 

2つ目は設置予定の家具を配置してみることです。
こちらも家具がない状態では新生活を想像しにくく、見落としをする可能性が高くなるので、書き込んでから考えるのをおすすめします。

 

3つ目は生活動線を考えることです。
生活動線は概念的な動線で、普段は家の中をどのように動くのかを表した線です。
シミュレーションする時に実際に図面に書き込んでみると、想像だけでは気づかない場所に新たにスイッチを設置したくなる場合があります。

 

4つ目は利用しやすい高さを選ぶことです。
図面ばかり見ていると平面的な見方になって、高さは見逃しがちです。
おすすめの高さは高齢の方は床から90センチ程、それ以外の方は120センチ程にすると良いでしょう。

 

5つ目はスイッチの種類はたくさんあるので、その部屋に合ったものを選ぶことです。
例えば来客に合わせて自動的に点灯するタイプの照明がありますが、これは夜中に利用する可能性があるトイレにおすすめです。

 

□まとめ

 

今回は注文住宅のスイッチの位置を決めるポイントを紹介しました。
確かに地味な存在かもしれませんが、私たちの生活には欠かせないものであるのは間違いないでしょう。
当たり前に利用する物だからこそ、じっくり考える必要があります。
もし、常滑市周辺で注文住宅について疑問点がある場合はお気軽に当社へご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。