愛知で信頼と実績あるハイクオリティーな注文住宅やリノベーションを案内しております

資料請求

クオリティー

漆喰

漆喰

漆喰の歴史は長く5千年前とも言われています。ピラミッドの内部や古代ローマ帝国の時代から使われ、長い時間をかけてシルクロードを通りそして日本に入ってきたと言われています。

戦前の日本の建物の壁は、外壁も内壁も土壁か漆喰(しっくい)で塗られていました。しっくいとは、消石灰にスサやのりなどを混ぜた自然のものです。私が長年かけて探しに探した自然素材の中でも一番お勧めする素材です。何故ならば耐久性、防火性、消臭性、調吸湿・放湿性、空気を浄化する性質など優れた性能があります。

さらにきめ細かい独特の質感は、朝の光、昼の光、夕方の光、夜の照明の光の反射で色々な楽しく、美しい表情を見せてくれます。


無添加住宅のオリジナル漆喰は、良質で白度の高い高知産の石灰石を使用し、自然の素材を配合し独自の改良を加えた、コスト的にもお値打ちに抜群の画期的な漆喰です。

 

また実験で無添加住宅オリジナル漆喰に、新型コロナウィルスと90%遺伝子情報が合致ているヒト・コロナウィルス(HCoV-229)を付着させて実験をしました。そして5分で全て死滅しました。

 

米アレルギー感染症研究所の見解では、新型コロナウィルスがプラスチック・ステンレスに付着した場合、生存期間は3日以上そしてダンボールで1日との結果が出ています。

 

理由としては、しっくいの主成分の消石灰は強アルカリ性の水酸化カルシウムです。この強アルカリ性はタンパク質やリン脂質を分解する性質があるため、エンペローブウィルスの周りを囲んで資質層に含まれた成分を加水分解しウィルスを死滅することができるからです。

 

弊社が推奨しています漆喰は、ウィルスを不活性する作用がありますが、感染予防を保証するものではありません。ご了承ください。

 

ぬくもりの無垢材

ぬくもりの無垢材

無垢材は一つとして同じものがないために様々な表情を持っています。

自然な環境で育った無垢材のため素材そのもののぬくもりと安らぎを感じる事ができます。例えば無垢(むく)のフローリングは冬は暖かく感じ、夏はひんやりします。使い込めば使い込むほどに味わい深い表情となって行きます。

また自然素材の特質である吸湿・放湿にも優れています。今の住宅でもよくある北側の部屋の部屋や、洗濯室など湿気でカビに悩まされることはありません。

外断熱

夏涼しく、冬あたたかい断熱

断熱材には炭化コルクを採用しています。家を外から包みこむように断熱をします。(外断熱)炭化コルクはポルトガルで生産されています。ワインのコルクの精製時に残ったものを炭にしたものです。炭にする時に出る材木の樹脂が接着剤の代わりとなり、その大きな塊をスライスしたものを使用しています。

家全体を炭で包んでいますので、空気の浄化・調湿性に優れています。だから壁内の天然素材ならではの自己吸放湿性により内部結露の発生を抑えます。

石屋根

石屋根

軽くて涼しい天然石(玄晶石)の屋根。
独自の工法により、屋根部の熱を自然の風力で自然換気させて従来の屋根以上の涼しさを実現しています。さらに天然石ですので劣化がなくノーメンテナンスです。石だからといって決して重いわけではありません。

よくご質問に「重くありませんか?地震や台風は大丈夫ですか?」と聞かれますが、独自の工法により平瓦よりも約30%も軽く葺くことができますので、瓦よりかは安全だと考えています。

また自然の美しさと耐久性を持った石ですので再利用が可能です。何世代にも使うことが可能でとてもエコロジーな材料です。

 

自然素材の接着剤

自然素材の接着剤

食べても安全な接着剤、米のり。赤ちゃんがなめても大丈夫なものです。木材の張り合わせなどに使用します。一般的に使用されている接着材は石油系のものが多いため、化学物質の揮発性があります。

お客様に「木の接着剤には米のりを使っています」とお話しますと「本当に大丈ですか?剥がれませんか」と聞かれることがあります。木工ボンドとほぼ同じ強度があります。私もコンビニエンスでおにぎりを買って潰して木を接着しましたが、びくともしませんでした。また国宝級の仏像はほとんどが米のりで接着されています。けれど何百年と剥がれずに残っています。

安心安全な接着材です。

基礎パッキン・外壁

強い御影石の基礎パッキン

基礎パッキンとは、住宅の床下の換気を行うために基礎と土台の間に敷く通気部材のことです。
現在作られている住宅のほとんどが、この基礎パッキンはプラスチックで作られています。重たい家を何十年も支えていますが本当に大丈夫なのでしょうか?プラスチックは水和反応をしますので劣化していきます。
だから弊社ではその基礎パッキンに御影石を使用しています。石ですので半永久的に劣化しません。縁の下の力持ちとして安心して家を守ってくれます。

メンテナンス費用がかからない外壁

外壁は一般的にサイディングと言われるコンクリートの板を張り、気密性や防水性の為にその繋ぎ目を塞いで壁を作ります。この繋ぎ目に使用されるのがコーキング材と言われているものなのですが、石油系の素材ですので10年、20年と経過すると水和反応によってコーキング材が劣化し、そこから雨が侵入し壁内に水が入ります。それを放置していると家の寿命が短くなってしまいます。シロアリや腐朽菌に侵されやすくなりますので注意が必要です。

無添加住宅では、出来るだけ繋ぎ目の無い材料を使用し、コーキングを一切使用せず壁をつくります。窓の周りには、無添加住宅が独自に開発し特許を持っているアルミ製水切サッシを使用します。そこから壁内に水が浸入することがありません。半永久的に持ちますので、10年から20年に一度は打ち替えをしないといけないコーキングと比較するとメンテナンス費用も必要ありませんので、お財布にも優しいです。

天然石

天然石

無添加住宅の空間を演出する天然石。
石やタイルの持つ色彩や清潔感・重圧感は天然素材だからこそ可能です。

インテリアとしてのデザイン性ももちろんですが、床に使用しても床暖房にも最適な素材です。

土台、柱、梁などの構造材が建物の中で一番重要な部分です。見えない部分ですので一般的にはこだわらない方が多いと思います。

しかし、実際にはコストを下げる為に構造材に人工乾燥された木、または集成材を使用している家ほとんどです。

人工乾燥された木、集成材は家の寿命が縮むことを、あなたはご存知でしょうか?身体に良くないだけでなく、家のもちも悪くなり、結果的にコストがかかる家になってしまいます。

エスサイクルは構造材にもこだわりたい。そこで、無垢材の中でも特に貴重な「月齢伐採」という木材を推奨しています。

木を伐採するにも時期がある

季節が変わりゆくように、1年を通して木の状態も変わっていきます。
その中でもでんぷん質が少なく、腐りにくく、カビにくい状態の木がとれるのが丁度冬の下限月の時期です。
その時期に伐採した木を「月齢伐採」と言い、色つやが良く、丈夫で良質な木材となります。

採った木材は乾燥させることで木材として使えるようになります。
一般的には人工乾燥といって、短い期間で効率よく乾燥させる方法をとるのですが、
月齢伐採の木は「葉枯らし乾燥」といって、葉が付いた状態で天然乾燥させます。

天然乾燥材をお勧めする理由

人工乾燥では炉に入れて強制的に乾燥させるのでシロアリが嫌う成分が木から抜けてしまう為、喰われやすくなります。

シロアリを防ぐために防蟻作用のある薬剤を木材に噴霧して家づくりに使用するのが一般的ですが、その薬剤の効果もだんだん薄れてきてしまいます。

何十年も経てばシロアリに喰われやすくなり、シロアリの被害に遭うお宅も少なくありません。

また、この薬剤は人の身体に良くないものが入っています。

だから天然乾燥された木材を使用することをお勧めしています。

葉枯らし乾燥について

その点、葉枯らし乾燥は本来木が持っている虫が嫌う成分を失わずに乾燥させることが出来るので

色、艶、香りが良くなる / カビに強く、腐りにくくなる / 反り、狂いが少なくなるというメリットがあります。

健康的に暮らせて、なおかつ丈夫で長持ちする家には、この月齢伐採の木を使用することが一番だと私たちは考えています。

見てください。左が満月の時期に切った木、右が新月の時に切った月齢伐採の木です。
土にこれら二つの杭を1年半の間打ち込んで待ち、取り出したものです。
月齢伐採の木は全く痛んでいないのに比べて、満月の時に切った木は中心部を残し大きく崩れてしまっています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。