注文住宅をお考えの方へ!予算の決め方をご紹介します

資料請求

ブログ

注文住宅をお考えの方へ!予算の決め方をご紹介します

2021/01/27

注文住宅をお考えの方へ!予算の決め方をご紹介します

「予算ってどうやって決めたら良いのだろう。」
常滑市で注文住宅をお考えの方で、このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
理想の住宅を作る際には予算のことも考える必要がありますよね。
そこで今回は、予算の決め方や予算を超えないための予防法についてご紹介します。

 

□注文住宅の予算の決め方についてご紹介

 

予算を決める際には、大体の相場を知ることや家庭の事情を考慮することが大切です。
ここでは、予算を決める3つの手順について説明しましょう。

 

1つ目は、住宅の購入に充てる自己資産額を決めることです。
住宅の価格は、頭金や諸経費といった購入時にかかる金額と、住宅ローンや住宅維持費といった購入後にかかる金額の合計となります。
まずは住宅に充てる自己資産を明確にしましょう。
自己資産を考える際には、手元にいくら残したいかや引っ越しといった後々必要な費用も考えておくことが大切です。

 

2つ目は、住宅ローンの借入金額を決めることです。
融資額を決めるときは、金利を基に総支払額を計算し、毎月の返済額を明らかにすることが大切です。
そして安定してローンを返済するために、無理のない計画を立てましょう。
一般的に年収の25パーセントを12か月で割ったものが無理なく返済を行える上限額ですので、毎月の返済金額を高く設定しすぎないように注意が必要です。

 

3つ目は、住宅の購入資金限度額を計算することです。
自己資産と住宅ローンの借入金額を設定し、そこから購入資金を決定しましょう。
また、土地を購入する場合はその分も考え、最終的にかけられる予算を割り出すことが大切です。

 

□予算オーバーしないための予防策とは

 

理想の住宅を建てる上で、予算とのバランスは大切ですよね。
注文住宅を建てる際は、予算オーバーしないように気を付けることが大切です。
ここでは、予算オーバーしないための4つの方法について解説します。

 

1つ目は、予算を厳守したい旨を住宅会社に伝えておくことです。
理想の家を作りたいからと言って予算を大幅に超えてしまっては、後々支払いに苦しむのは自分自身です。
そのため、担当者と慎重に話し合いをすることはもちろんですが、人任せにせず資金計画をしっかり考えることが大切です。

 

新築を建てた人の中には、予算を大幅に超えてしまった結果、毎月の支払いができなくなったという方もいます。
幸せな生活のつもりが借金で苦しむことになるのは避けたいですよね。
無理のない範囲で支払いができるよう、予算内で計画を進めるようにしましょう。

 

2つ目は、外構を後回しにすることです。
注文住宅を建てる際は、外構工事を同時に頼むことが多いです。
しかし、外構にこだわりすぎると150万円〜200万円かかることもあります。
予算を抑えたいなら、必要以上のグレードの外構にしないことがポイントとなるでしょう。

 

3つ目は、住宅ローンの見直しをすることです。
予算を大幅に超えてしまっても、低い金利で借りれば毎月の返済額を抑えられます。
毎月の負担を減らすためにも、自分にあったプランを選ぶことが大切になるでしょう。

 

初期投資のお話とはちょっとずれますが、4つ目は保険の見直しです。以外かと思いますが世界を見ても日本人ほど保険にお金を掛ける人種はありません。

家が一番高い買い物と思っている方が多いですが、長い目で見た時に保険は高い買い物です。

 

□まとめ

 

予算の決め方や予算を超えないための予防法について解説しました。
当社は設計のみならず、予算のアドバイスもサポート致します。
資金計画も行っていますので何かご質問がある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。