注文住宅をご検討中の方へ!必要なメンテナンスをご紹介します

資料請求

ブログ

注文住宅をご検討中の方へ!必要なメンテナンスをご紹介します

2021/01/11

注文住宅をご検討中の方へ!必要なメンテナンスをご紹介します

「メンテナンスって必要なのだろうか?」
常滑市で注文住宅をお考えの方で、このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
長く住むなら定期的にメンテナンスをすることがとても重要です。


そこで今回は、メンテナンスの重要性やメンテナンスが必要な箇所を築年数別に紹介します。

 

□メンテナンスは行う必要があります!

 

素敵な家で長く快適に暮らしたいですよね。
しかし、雨風や時間の経過に伴う劣化は避けては通れません。
何十年先も良い状態を保つためにはメンテナンスを行い、耐用性を回復することが重要になります。

マンションに比べ、一戸建ての住宅はメンテナンスを見落としがちでしょう。
共有部分に対して管理費や修理積立金などがあるマンションに対して、一戸建てはメンテナンスに関しては自分で計画を立てる必要があります。
住宅関連のメンテナンスは費用がかかるため、メンテナンス費は計画的に積み立てていくことが大切です。

そのためには、どのタイミングで支出が必要かを知っておく必要があるでしょう。
自然災害での出費は予測できませんが、経年劣化によって必要になる修理は予測して備えられます。

 

□メンテナンスが必要な箇所を築年数別にご紹介

 

住宅は部位によって劣化の度合いが違います。
ここでは、どこの箇所が劣化するのかを4つの築年数別にご紹介します。

 

1つ目は、築10年の住宅の場合です。
この段階ではまだ、大きな劣化が起こっていない可能性が高いでしょう。
この段階で確認すべき部位は、外壁や屋根、ベランダの小さな破損やひび割れです。
特に、ひび割れは水が浸入する原因となり厄介なため、注意が必要です。

ひび割れの危険度は幅で判断しましょう。
仕上げ材によって、ひび割れの危険度の目安の幅は異なってきます。
ほんのわずかなひび割れであれば自分で修理できますが、なるべく業者に見てもらうと良いでしょう。

 

2つ目は、築15年の場合です。
建築後10年以上が経過すれば、キッチンやトイレ、バスルームなど水回りの劣化が起こります。
大抵の劣化は水が原因です。

特に、日常的に水漏れが起こる場合は注意しましょう。
シロアリ発生の原因となるので、早めのメンテナンスがおすすめです。

 

3つ目は、築20年の場合です。
築15年以上になると建物の内部まで劣化が見られるようになります。
床に異変はないか、基礎部分に大きなひびや破損がないか全体的に確認しましょう。

また、床下といった一見分からないようなところで劣化が始まっている可能性もあります。
一度業者に確認してもらうのも良いでしょう。

 

4つ目は、築30年の場合です。
築30年となると、屋根の傷みが顕著になってきます。
この段階だと一度はメンテナンスを受けている方が大半でしょう。
前回のメンテナンスでその後の点検や保証の案内がある場合は、それを目安に各部の点検やメンテナンスを頼むことが大切です。

劣化の度合いやライフスタイルによっては、老後の生活を考慮したリフォームも必要でしょう。
一定の条件を満たせば、リフォーム工事の補助金制度や減税制度が適用されます。

 

□まとめ

 

メンテナンスの重要性やメンテナンスが必要な箇所を築年数別に解説しました。
当社では、メンテナンスがかからない注文住宅を提案しています。

お電話やホームページから随時お問い合わせをお待ちしています。

TEL:0569-43-0316

mail:info@s-cycle.net


不安な点がある方はぜひ当社にご相談ください!

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。