常滑市で注文住宅を検討している方へ!失敗事例を紹介します

資料請求

ブログ

常滑市で注文住宅を検討している方へ!失敗事例を紹介します

2020/12/19

常滑市で注文住宅を検討している方へ!失敗事例を紹介します

人生で何度も住宅を購入する方はあまりいませんよね。
はじめての住まいづくりでは失敗してしまうことがあるのも事実です。
住まいづくりで後悔しないためにも、他の方の失敗から学ぶことが大切でしょう。
そこで今回は、常滑市で注文住宅をお考えの方に住まいづくりにおける失敗事例を紹介します。

 

□注文住宅でよくある失敗とは

 

注文住宅を建てるときに失敗してしまいやすいのはどういった部分なのでしょうか。
はじめに3つの失敗例を紹介します。

 

1つ目は、収納スペースの失敗です。
収納スペースは、特に広さと仕組みで失敗してしまいがちです。
現在住んでいる住宅の収納スペースに不満を感じている方もいるのではないでしょうか。
住んでみないと、どのくらい必要なのかがわからないので決めるのは難しいところですよね。

 

2つ目は、間取りの広さの失敗です。
間取りは広すぎて失敗している方が多いです。
広いのはもちろん良いことです。
しかし、それが快適に住めることとは別物ということが、失敗している方が多いことからわかるのではないでしょうか。

 

3つ目は、窓の大きさでの失敗です。
窓の大きさを決めるのも簡単ではないですよね。
大きすぎると外から丸見えになりますし、小さすぎると換気がしにくいです。

 

これらの事例から、住宅のいろいろな場所で失敗が起こっているのがわかると思います。

 

□失敗しないための対策とは

 

では、失敗をしないためにはどうすれば良いのでしょうか。
ここからは対策方法について紹介します。

まず、家事動線と生活配線を配慮することが挙げられます。
おうちにいるときは、家事を行うことが多いですよね。
家事での負担をなるべく減らすためには動線を考える必要があります。
動線を考えてから間取りを決めると、おのずとどのような住宅が良いかわかってくるでしょう。

また、「動線は短くシンプルに」、「家事動線と生活動線を干渉させない」という基本を押さえるようにしてください。

続いて、自分の中の常識を捨てることが挙げられます。
一般的な常識が全ての家族に通用するとは限りません。
住み心地の良い家はそれぞれの家庭によって異なるため、先入観で間取りを決めるのは避けましょう。

 

また建物全体でなんとなくこのくらいの広さが欲しいと言われるお客様がいます。

具体的にリビング、キッチン、子供部屋など、最低どのくらいの広さが欲しいか具体的に考えることも重要です。

家の大きさが建物の値段に大きく反映します。

 

過去にもお客様から、「35坪くらいの家が欲しい」とのお話を聞きましたが、具体的にお話を聞くと30坪くらいで収まりました。

5坪違うと、300万~400万は家の値段が変わってきます。

 

これらの対策を参考にして、注文住宅を検討することをおすすめします。

 

□まとめ

 

今回は、注文住宅の失敗の事例を紹介しました。
今回紹介したものは多くの方が失敗してしまっているところなので、念入りに確認しておきましょう。


注文住宅を検討している方はお気軽に当社にご相談ください。

 

ではまた!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。