バイクの複合施設の設計

資料請求

ブログ

設計事務所の腕が鳴る?傾斜地でのバイクの複合施設の設計

2020/03/15

バイクの複合施設の設計です。カフェ、宿泊施設、修理工場、ショップ、倉庫とバイク好きにはたまらない施設です。7mもの段差のある傾斜敷地にどうやって魅力的な施設に設計するかが腕の見せ所です。

 

お客様のバイクに対する熱い思いがとても共感しました。実現できるように私も全力でサーポートできたらと思います。

昔小学校の頃映画で見たハーレーに憧れ、バイクのプラモデルで最初作ったのがハーレーでした。それから何台かバイクのプラモデルをつくりました。

そして大学の時に友人とバイク王国北海道に車キャンプをしたのがきっかけで、中型免許をとりました。

サラリーマンの時は長期で休みをとりテントを担いでバイクであちこち走り廻りました。昔は今のようにスマートフォンが無かったので、天気情報もわかりませんでした。

山の中で四方で雷が鳴り続く夜のキャンプの恐怖、洪水の中を足を上げながら必死で走った道、転倒して泥だらけになったこと

けれど人の暖かさを感じることもたくさんありました。ラーメン屋で何気なく地図を見ていたら、暖かいコーヒーを出してくれたおばさん。ストリートで路上ライブをしていた人にその日宿が無く泊めてもらった下宿。バイクが故障していた時に助けてくれた方

 

子供が出来てからは

家族との車キャンプになってからバイクを手放してしまいまいました。またバイクに乗ってキャンプをしたい気持ちになりました。

 

わくわくします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。