新築の照明で失敗しないために!知っておきたい知識を紹介します!

モデルハウス見学

ブログ

新築の照明で失敗しないために!知っておきたい知識を紹介します!

2022/01/15

新築の照明で失敗しないために!知っておきたい知識を紹介します!

新築の家を建てる際に意外と見落としがちなのは照明です。
照明は快適に暮らすためには欠かせないものですので、計画を立てて配置する必要があります。
そこで今回は常滑市にお住いの方に向けて、新築の照明で失敗しないために知っておきたい知識をご紹介します。
ぜひお役立てください。

 

□よくある失敗例を紹介!

新築の照明の失敗はいくつかあります。
中でも、リビングの失敗例についてここでご紹介します。

1つ目はダウンライトによる失敗です。
ダウンライトとは天井に埋め込んで設置される照明のことを指します。
シーリングライトに比べて見た目がすっきりとするため、好んで使用される方がいらっしゃいます。

ダウンライトはシーリングライトのように、1つで部屋全体を照らすものではないため、部屋を明るくするためには複数個設置することになります。
新築当初は十分な明るさを保てていたとしても、リビングに置く家具を買い替えたり、配置換えをしたりすると明るさが足りないと感じてしまう恐れがあります。
このようなことから、リビングでダウンライトを使用される際は補助照明として使用することをおすすめします。

2つ目は調整機能を付けなかったということです。
照明には明るさや電球の色を変化させられるものがあります。
寝室にはこの機能を持った照明を選ばれる方が多いですが、リビングにもつけておくことをおすすめします。

理由としては、リラックスする時や仕事や勉強をする時など、用途によって必要な明るさは変わってくるからです。
リビングは色々な用途で使うことが多いため、調整機能がある方が便利と言えるでしょう。

 

□照明を選ぶ際のポイントについて

先ほどはリビングの照明の失敗例をご紹介しました。
ここからはリビング以外の照明を選ぶ際のポイントをご紹介します。

 

*寝室

寝室は就寝時に消せるものが便利です。
ベッドや布団の近くにスイッチがあれば問題ありませんが、照明を消すためにいちいち立ち上がるのは不便ですよね。
リモコン操作が可能なタイプの照明であれば、そのような不便さは感じなくなることでしょう。

 

*洗面所

洗面所や出勤や通学前に身だしなみを整える場所ですよね。
照明の明るさや色によって鏡に映る自分の印象は変化します。
そのため、できる限り自然な明るさに近い昼白色の照明を選ばれることをおすすめします。

 

□まとめ

今回は常滑市にお住いの方に向けて、新築の照明で失敗しないために知っておきたい知識をご紹介しました。
照明は場所ごとに計画を立てておくことが重要になります。
当社では照明についてもお客様に合ったものをご提案させていただきます。
住宅のことでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。