外壁に貼る透湿防水シートのお話

資料請求

ブログ

外壁に貼る透湿防水シートはとても重要です。

2020/12/25

半田市で進んでいる注文住宅の現場です。

今日は透湿防水シートのお話です。「透湿防水シートって何?」と思われる方も多いかと思います。

 

つまり外からの雨が入らなくして内部からの湿気は外に出すものです。

例えば赤ちゃんの紙おむつのようにおしっこは通さず、外の空気は通すみたいなものです。(笑

 

その紙おむつみたいなシートを外壁全体にシートで覆います。あまり気にされない方が多いかと思いますがとても重要です。

写真のブルーのシートが透湿防水シートです。

弊社ではウェザーメイトプラスというものを使用しています。

このシートの性能がとても重要なのです。このシートも劣化していきますから、透湿性があり、耐用年数が高いものを選択することが重要です。

 

そしてそのシートを止める金物をタッカーといい、ホチキス針のようにシートを止めていきます。

けれどそのシートが薄いと工事中にそのタッカーの穴が風で広がり、そこから雨が内部に入る可能性があります。

 

またウェザーメイトプラスの紙が強い繊維状になっているので、劣化にも強いものです。

 

漆喰の壁は目地が無くコーキングを使わないので、雨漏れの心配はかなり低いですが、念には念にキャップ付のタッカーを使用しています。

 

見えないところがとても重要です。

 

ではまた!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。